高校留学にはどれぐらいの費用がかかるか把握することで費用削減

サイトマップ

高校留学

高校留学の教育制度

教育制度について書いてみます。英語圏、5カ国、それぞれ、教育制度が異なり、それぞれ、特色があります。また、以前、触れましたように入学可能な時期なども国や学校により異なりますので、教育制度に加え、時期的なことも理解しておくことは重要です。学校によっては英語のサポートプログラムを提供していない中学や高校もありますので、英語のサポートがどのようになっているのかも教育制度の一つとして確認が必要です。
英語圏では、日本とは異なり、一般的に中学卒業という形態が存在しません。例えば、北米では高校までが義務教育ですので、中学卒業という認定はなく、高校卒業が非常に重要な意味を持ちます。北米では日本のように大学入試がありませんので、高校時代の成績で大学が合否を確定します。しかしながら、高校卒業=大学入学ではありません。入試はなくても高校での学習結果が非常に重要になってきます。高校を卒業できても大学に入れないという事もあります。
また、北米では高校留学は単位制になっていますので、卒業に必要な単位と大学に入る為の教科を入学前にきちんと確認しておくことも重要で、進学する大学により、取得すべき科目も変わってきます。入学後に進学カウンセラーとしっかり確認をしておくことが重要です。

ピックアップ

一覧へ

コンテンツ一覧

高校留学エージェントさんとの関係構築

高校留学エージェントさんについて書いてみます。初めて高校留学をされる方は留学エージェントさんにお電話やメールで問い合わせをされたり実際に留学エージェントさんの事務所にお邪魔して相談を受けてみられるのもよいと思います。留学エージェントさんの社員の方は留学経験がおありなので、事前準備、高校留学中の生活のこと、留学先の学校での学習の方法などを自身の体験を元にお話をして下さいます。疑問に思う事や不安に思う事を具体的に聞くことは非常に参考になります。また、複数の留学エージ…

Copyright © 2016 高校留学にはどれぐらいの費用がかかるか把握することで費用削減 All Rights Reserved.